協会連合会について
ジオファイバー協会連合会とは
協会連合会会員一覧
工作について
ジオファイバー工法とは
工法の特長
工法のメリット
施工システム
設計計算システム(擁壁タイプ)
施工事例
home > ジオファイバー工法とは
ジオファイバー工法とは

3つの技術を組み合わせた『連続繊維複合補強土工法』
ジオファイバー工法とは、環境に優しい法面安定工で、
 1.「連続繊維補強土工」
 2.「地山補強土工」
 3.「植生工」

これら3つの工法を組み合わせた『連続繊維複合補強土工法』です。

連続繊維補強土工は、砂質土と連続繊維(ポリエステル)をジェット水とともに噴射・混合させて、法面に厚い土構造物を構築します。また地山補強土工は地山内に鋼棒の抵抗体を埋め込むことで、地山自体の抵抗値を高めるとともに、連続繊維補強土と地山との一体化をはかるものです。また、植生工は、連続繊維補強土の表面に施し、樹林化など質の高い植物環境を形成させるものです。



ジオファイバー工法の組合せ工種
一つの工法に2つの技術証明を取得しているジオファイバー工法

材料の品質を保証
材料の品質を保証します!
連続繊維補強土は、「土留め擁壁・のり面保護用連続繊維補強土」として建設大臣認定機関の(財)土木研究センターより技術審査証明を取得しています。
施工の品質を保証 施工の品質を保証します!
連続繊維補強土の施工は、「連続繊維補強土工法の機械化施工技術」として、建設大臣認定機関の(社)日本建設機械化協会より技術審査証明を取得しています。

 

 

 



▲TOP